スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弟の作文のゴーストライター長田空真です。
ええ、書いてやりましたよ。
作文が壊滅的に下手なので書いてくれっていわれたので、税金の作文と読書感想文を。
しかし…内容が弟が微塵も書きそうな気がしない難しめな内容(弟の作文ということ無視して書いたのでとーぜんです)


まあ、前置きはおいといて、
「怪獣自衛隊」なる怪獣対自衛隊な連続短編小説を考え始めている自分がいます。

日本は昭和において、怪獣に蹂躙されてるような状態で…自衛隊イがガチになって対怪獣兵器を開発、
平成の世では怪獣の襲来に対し、余裕で戦うような感じの話です。

ようは強すぎた東宝自衛隊

まあ、さて…自衛隊について勉強しつつ、
ゴジラとかパシリム借りて参考にしないと…
スポンサーサイト

失敗した失敗した失敗した……

タイトルの場面は個人的に原作でトラウマになりました。(コメントなどでのネタバレは無しでね!)

さて、何を失敗したのかといいますと……。

ブログ更新してなくてごめんなさい。
さて、最近テストだなんだでほとんどまともに話し合いをできていません。
ごめんなさい。 仮にも代表としてね、もうちょっとこう なんというか なんとかしたかったんですがね。

さて、とりあえず今日こうして更新してますが、理由としては
明日また出かけたり長距離移動でうやむやになりそうだからです。
明日更新できるようならまた更新します。


さて、ちょっとだけ遊びのある話を

最近、世界樹の迷宮2というゲームにはまっています。
このゲームなんですが、ちょっと手を抜くとすぐに全滅します。


あ、ちょっときついかもしれないけどまぁ次の戦いが終わったら帰ろう

強力な魔物or相性の悪い魔物出現

全滅(このゲームで全滅すると、最後のセーブまで戻されてしまいます)

なんというか、シビア?なゲームですが、そういうところがおもしろいです。
皆さんも興味があったらぜひやってみてください。

ブログ(西瓜のみ)休載について・・・・。

 大変申し訳ございません。
これからおよそ一か月間、リアルが異様に忙しくなりますので、ブログの更新を休止しようかと思います。
これ以上書くと、言い訳ばかりになってしまいますので、今回は短いながら、ここで切らせていただきます。

それでは、また来月お会いいたしましょう。

作品においてのチートキャラ、(追記)我々は15年も待ったのだ!

……ごめんなさい 2週間ほど更新してなかった気がします(← 気が ではなく単なる事実)

さて、今日の記事では、アニメ、漫画やゲームにおいてのチートキャラの立ち位置について考えたいと思います。

さて、とりあえず チート とはどういうものでしょう。
Wikipediaによると
チート(cheat)とは、直訳すれば「ズル」あるいは「騙す」という意味の英単語
だそうです。

まぁ、今回の場合で言えば ほかのキャラと明らかに隔絶した力の持ち主

ですね。

二次創作だと、主人公が神様に能力をもらってそれで介入 なんてのも多いです。
その中の結構な割合がチート物です。

ですが、チートキャラというのは二次創作だけの存在では決してありません。
二次創作だからダメ 一次創作だからいい という話でもないです。

例えば、
範馬勇次郎 バキシリーズ
圧倒的な力(純粋な腕力等)を持ち、主人公の前に立ちはだかる圧倒的に高い壁。

東方不敗 機動武勇伝Gガンダム
同じく圧倒的な力を持ち、主人公を時に導き、時に敵対する師匠。

イオリア・シュヘンベルグ 機動戦士ガンダム00
主人公たちの乗るMS、ガンダムの動力機関を本編の200年前に設計。 その動力機関は、本編の時間軸でも100年以上の技術の差と言われる。

仮面ライダーBLACK RX=南光太郎 仮面ライダーBLACKRX
主人公。ピンチの時にも不思議な事 等で解決する。 ライダー最強候補にも挙がる。

一方通行 とある魔術の禁書目録
もう一人の主人公(らしい。) ありとあらゆるもののベクトルをふれただけで変える能力を持ち、一般人は触れることもできない。無意識の内でも最低限の反射は行っているようで、認識領域外からの狙撃も無効。
その能力と周りの環境ゆえに間違いを起こし、その償いのために戦う。(そしてチート能力も制限される)


さて、そんなキャラクターたちですが、特徴として
その存在そのものが物語の根幹に関わる。
そういうキャラ であり、それであることが許される物語である。(子供向け番組である仮面ライダーにおいて主人公が勝つのはある意味当然のことである)

さて、次に、私が苦手なチートキャラです。

二次創作作品全般(の一部)、
どんなに攻撃されても死ぬことはない(もしくは、絶対不可能レベルの条件しかない)
どんな敵も本気を出せばあっという間(ラスボスは除く場合もある)
何のデメリットもなく強い力を持っていて、物語中で絶対に間違う事のない正義。
味方側のありとあらゆるキャラクターから好かれ、敵とも和解し、自身のことを嫌う奴はみんな悪という物語中での扱い

司波 達也 魔法科高校の劣等生
傷つけられても勝手に治る能力がある。
魔法の知識は劇中のどのキャラよりも上で、敵を一瞬で倒す。
物語序盤であっても(もしくは、序盤とはいえ)、一切苦戦する描写がない。(能力をどうやって隠そうか と困る程度)
正攻法では魔法がうまく使えなくても裏ワザで使えるために問題なし。
魔法を使うための道具を作る技術も世界でトップ。名前は隠しているが。

まぁ、偏見は入ってると思います。
ですが、何が言いたいかというと
そんなキャラの話を読んで本当に面白いか?と

面白い という人はいるでしょう。
実際、面白い作品も存在します。
ですが、そういう作品の大半はギャグ作品でした。

そんなチートキャラを、勢いではどうにもならないこと、出来るだけリアルな描写 を中核にしていく物語でやると、前提が崩壊します。
結局、そのキャラさえいれば後のキャラいらないんじゃないか?
なんてことになります。

チート主人公、チートな味方人物を出したいと思った時には、どういう物語を書くのか
それが本当の意味で面白いと思えるのか
自分以外の視点から見てどうなるか

そんなことまで考えてから出すといいと思います。

長々書きましたが、実は上記みんなどうでもよくはないけど、今のメインじゃないです。

が、ちょっと宣伝になっちゃうんで、それでもいい方は追記をどうぞ!

続きを読む

プロフィール

HCJLabメンバー

Author:HCJLabメンバー
とあるゲーム作成サークルのゲーム制作進捗状況をまとめたりしてお伝えする予定のブログです。
また、各メンバーが日記や伝えたいこと等々更新いたします。
更新予定
日 HAL10000
月 なかっちさん
火 サクラさん
水 西瓜さん
木 凪さん
金 長田空真さん
土 崩さん

来場者カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。